歴史モノ

100日の郎君様【10話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 10話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 10話のあらすじ

2人が初めての口づけをすると、雨が降り始めました。日照りが解消されて喜ぶホンシム。恵みの雨に村人も大喜びです。ウォンドゥクは雨に濡れたくないとホンシムの手を取り、近くで雨宿りをします。そして、ウォンドゥクは、雨がやむまでと言って、ホンシムを抱きしめるのでした。

刺客ムヨンから、すでに死んだとされる人間だ、まだ生きていることがわかると多くの人が死ぬ、と聞かされたウォンドゥクは、思い悩みます。家に帰ってきたウォンドゥクは、ヨン氏に習い、進んで平民の仕事を学ぶようになりました。離れていた時間を埋めるように仲良く過ごす2人。ウォンドゥクは、ホンシムに心を許していくのでした。

ムヨンを矢で射たのは、刺客仲間でした。左相に刺客をやめたくなかったからムヨンを思いとどまらせようとしたと嘘をつきますが、それを命じたのは世子嬪でした。世子嬪は秘密を隠そうとしますが、左相は、なにかがおかしいことに気がついている様でした。

王妃は王に、左相に脅されたこと、どんなに恐ろしい人物なのかを訴えます。王は、左相との悪縁を絶ち切るために、暗殺することを決めました。その頃、王宮内に世子がまだ生きているという噂が流れます。村から進上に来た者の中に世子にそっくりな人物がいたと言うのです。左相は、自分の目で確かめるために急ぎ村へと向かい、その途中で王の刺客から奇襲を受けるのでした。

村の長官となったチョン・ジェユンは、ホンシムの郎君(ウォンドゥク)が問題ばかり起こすのでホンシムの苦労が耐えないと聞かされました。よりによってそんな男と結婚させられたホンシムを不憫に思います。パク氏の不正を暴くためジェユンは、ホンシムに手伝いを依頼します。自分の妻に色目を使うジェユンが気にくわないウォンドゥクは、ホンシムの代わりに手伝いをすることになりました。パク氏を呼び出し、矢の勝負をしようと提案するジェユン。ウォンドゥクは、その的を持たされます。その勝負の最中、過去の記憶がよみがえるのでした。

ジェユンは、世子嬪が妊娠しているが世子の子ではないこと、世子がまだ生きているという噂を耳にします。信じられないジェユンでしたが、ウォンドゥクが書いた名前の文字に見覚えがありました。

記憶を取り戻しつつあるウォンドゥクは、全てを思い出したくありませんでした。”ウォンドゥク“としてホンシムの側で生きていきたいと願うようになったからです。兄が迎えに来たら、ウォンドゥクを残していなくなろうとしていたホンシムでしたが、意を決して「一生隠れて暮らすことになるけれど、そんな私でもよければ一緒に来る?」と言って、涙を流します。黙ってそっと抱き寄せるウォンドゥクでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です