歴史モノ

100日の郎君様【11話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 11話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 11話のあらすじ

ホンシムをそっと抱き寄せたウォンドゥク。

ウォンドゥクは、ホンシムの兄ソクハが来たら一緒に行くと返事しましたが、偶然出会った占い師から「逃げないと死ぬよ、男は血がしたたる恐ろしい剣を手にした、剣の先は女に向いている」と言われた言葉が気になるのでした。

ホンシムは、ウォンドゥクがたくさん働き、素直に接してくれるのでとても幸せに感じていましたが、幸せ過ぎて怖いと訴えます。

そんなホンシムに、ウォンドゥクは、書き判(署名)することを提案しました。紙を用意しようとするホンシムに口づけをして、「これが私の書き判だ」と言うのでした。

左相は、奇襲を受けますが、負傷したまま逃げてしまいました。報告を受けた王は、反撃されることを恐れ、動揺します。しかし、左相がいないうちに次の世子にソウォン大君を据えることを宣言し、冊封式(任命式)を執り行う準備を進めました。世子嬪は、父である左相が失踪したと聞き、私兵を総動員して探すように命じるのでした。

ジェユンは、世子によく似ているウォンドゥクが気にかかります。様子を探るために、家に押しかけウォンドゥクを観察するのです。一方、そんなジェユンを怪しむウォンドゥクは、わざと平民の振る舞いをして本当の自分を隠すのでした。ますます疑いをもったジェユンは、都に向かい世子の護衛官と会って、ウォンドゥクの似顔絵を見せます。護衛官は、それを世子だと言うのです。ジェユンは、ウォンドゥクが世子だと確信し、慌てて村に帰るのでした。

刺客ムヨンは、左相が奇襲を受けた隙に、仲間に連れ出されます。左相に世子が生きているのに隠していたことを知られ、身の危険を感じたからでした。ムヨンは、妹イソ(ホンシム)が危険にさらされるかもしれないと思い村へと向かいます。

兄がなかなか迎えに来ないので何かあったのではないかと心配するホンシム。村では、端午の節句のお祭りが行われていました。ホンシムとウォンドゥクは、村人たちに世話になったのに何も言えずに行くことになるので、これまでのお礼の代わりに餅を配りました。様々な催しが行われ、村は賑わっていました。

ウォンドゥクは、ホンシムに花束を渡し、プロポーズをします。ホンシムは、ウォンドゥクの頬に口づけをして返事すると、幸せな2人を祝福するかのように、花火が上がりました。しばらく眺めた後、ウォンドゥクが、ホンシムの方を振り返ると、その姿は消え花束が転がっていました。そして、次の瞬間、黒ずくめの男たちに取り囲まれてしまいました。

そこへ現れたのは、失踪した左相でした。左相は、白々しくひざまずき、「王宮へお戻りを、世子様」と言うのでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です