歴史モノ

100日の郎君様【12話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 12話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 12話のあらすじ

左相から自分が世子だと言われ、自分が世子のはずがないと言い返すウォンドゥク。しかし、左相は、世子を間違えるはずがない、世子嬪とお腹の子が待っているから王宮に戻ろうと促すのでした。

王宮では、ソウォン大君の冊封式(任命式)が執り行われようとしていました。そこへ、左相が現れ、世子が生きているから式を今すぐに中止するよう訴えます。姿を現した世子(ウォンドゥク)を見て、王以下全員に衝撃が走りました。王妃は、冊封式を心待ちにしていました。しかし、ソウォン大君から、冊封式が中止になったこと、世子が戻ってきたと聞かされ愕然とするのでした。

同じく世子嬪も、世子が戻ってきたと聞かされます。そして、自分の目で確かめるべく、世子に会いにいきますが、冷たい目で見られて震え上がります。世子は、“世子嬪の秘密“を知った後にいなくなっていたからです。左相は、世子嬪に世子が記憶喪失であることを伝え、今度こそ心をつかめと言い聞かせるのでした。世子嬪は、世子に自分たちは上手くいっていなかったけれども、このお腹の子だけは愛して欲しいと訴えます。世子(ウォンドゥク)は、これまでの行いをわびて、これからは努力すると伝えるのでした。

王は、世子が戻ったのに心から喜べませんでした。世子を連れて帰ったのは、あの左相でしたし、刺客を送ったのは王だとわかっているはずです。仕返しを恐れて、またおびえる日々が始まるのでした。

ホンシムを連れ去ったのは、兄ソクハ(刺客ムヨン)でした。ソクハは、ウォンドゥクが世子であり、父を殺した左相の婿だと伝えます。ホンシムはその言葉を信じず、ウォンドゥクに直接確認すると言いますが、すでに王宮に帰った後でした。ホンシムは、自分たちが結ばれない運命だったとわかり、梅の花の靴を森に捨てます。しかし、これまでの記憶がよみがえり、靴を手放せず、ウォンドゥクを想って涙を流すのでした。ホンシムに会えたヨン氏は、これまでのことは忘れて新しくやり直そう、と慰めるのでした。

世子(ウォンドゥク)は左相から、暗殺を企てたのは王妃と聞かされます。そして、世子の周りの者全てに危険が及ぶから、村での100日間を忘れ、記憶喪失のことを隠すように言われます。ようやく世子に会う機会を得たジェユンもまた、皆に危険が及ぶことにふれ、村でのことを忘れるように言うのでした。
ソクハ(刺客ムヨン)は、自分を矢で射たのは刺客仲間であり、それを命じたのは世子嬪だと知ります。ホンシムは、ソクハが深手を負っているのに気がつき、なぜウォンドゥクが世子だと知っているのか疑問に思います。

世子は、王宮の生活があまりにも平民と違うことに驚愕します。そして、ことあるごとにホンシムを思い出すのです。世子は、宮殿で孤独感を募らせます。自分は誰なのかをずっと探していましたが、“世子”であり、ホンシムより前に結婚をしていて、子供まで産まれるのです。もう二度とホンシムには会えないとわかっていても衝動的に王宮を抜け出し、村に向かいます。世子が家に来るのが見え、ホンシムはとっさに隠れるのでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です