歴史モノ

100日の郎君様【15話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 15話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 15話のあらすじ

ホンシムは、左相にどこかで会ったことがあるか問われますが、ないと答え無事でした。世子は、全ての記憶を取り戻し、王に、自分を暗殺しようとしたのは左相だと話します。信じられず動揺する王に、左相への復讐を宣言しました。そして世子は、王に長年の疑問をぶつけます。“母を殺したのは父なのか”と。王は、自分ではない、左相が殺すとは思わなかったと、詫びるのでした。世子の母は、先王の親戚でした。現王が“王”になるのに邪魔な存在だったため殺されたのでした。

世子はヨン氏に、自分が瀕死の状態で倒れていた場所を案内してもらいます。友でもあった護衛官トンジュの死を悼んで涙を流します。多くの命を奪った左相に対し、全てを奪い苦しみながら生き永らえさせると心に誓うのでした。

世子は、左相の家を捜索していると、自分を付け狙っていた刺客ムヨンが、監禁されているのを見つけます。走って逃げるムヨンを追いかけると、兄を心配して来ていたホンシムと遭遇しました。世子は、そこでムヨンが、ホンシムの兄だと知るのでした。ソクハは、父を殺されたあの夜、何でも言うとおりにするから妹を見逃してくれ、とひざまずいて頼みました。そしてその後、左相の“刺客ムヨン”として生きていくしかありませんでした。ソクハは、ホンシムに”世子の暗殺”と”世子嬪との関係”を告白するのでした。

左相は、世子が全ての記憶を取り戻したことに気がつきます。“世子嬪の秘密”の証人であるムヨンを殺せと命じるのでした。左相は、明(中国)が女真(満州)を攻めるのに加担しようとしていました。左相に命じられてパク氏が村人たちに薪や鉄を作らせていたのは、武器を作り、明に供給して利益を得るためでした。

ホンシムは、世子が記憶を取り戻し、“誰がなぜ暗殺しようとしたのか”知ってしまったとわかり心配します。ジェユンの力を借りて、世子に会うために王宮に忍び込みました。女官に変装したホンシムは、世子に頼まれておかゆを作ります。政変(王交替の謀反)がなければ、結婚していた2人の間に穏やかな時間が流れるのでした。世子が眠ってしまった後、ホンシムが残した手紙には、自分たちは結ばれない運命であること、兄ソクハに会ってその罪を裁いて欲しいということが書かれていました。

ムヨン(ソクハ)は、世子にこれまでの全てを告白しました。左相の命令でしたことの証人になれと言われますが、そもそも左相が暗殺を企てたのは、世子嬪を妊娠させてしまった自分のせいだったため決断できませんでした。ムヨンを証人にできず左相を断罪する機会を奪われた世子は、世子嬪を王宮から追放します。そして、その先でムヨンと引き合わせるのでした。左相は、世子嬪を逃がしはしませんでした。世子嬪が見ている前で、ムヨンの息の根を止めたのです。追いかけてきたホンシムは、地面に横たわる兄を見つけます。いくら声をかけても、兄は二度と目を開けてくれませんでした。

世子嬪は王宮に連れ戻され、左相にムヨンを殺されたと言い泣くばかりでした。怒りに震えた世子は、左相の部屋を訪れ、「おまえは今日で終わりだ」と告げます。証拠の日記を見せますが全く動じず、それどころではない、戦争が始まると言うのです。そして、ホンシムを人質に取っているとほほ笑んでみせるのでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ