歴史モノ

100日の郎君様【3話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 3話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 3話のあらすじ

結婚せず、百叩きの刑に遭うホンシム。しかし、実際には県監とパク令監が組んでホンシムを妾にしようとする作戦だった。そこへ、記憶を失い、自分はホンシムのいいなずけのウォンドゥクだと教えられたユルが現れる。(引用:公式サイトより)

養父ヨン氏は、拷問にあっていたホンシムを助けるため、ホンシムの許嫁”ウォンドゥク“が帰ってきたと言い、世子イ・ユルを連れて現れます。記憶喪失になってしまった世子は、ヨン氏から”ウォンドゥク“だと言われて連れてこられたのでした。ホンシムは、「許嫁が戻ったので世子様の命に従い結婚します」と宣言し、解放されます。

ホンシムが”ウォンドゥク“と会うのは、この日が初めてでした。そのため”ウォンドゥク“が許嫁なはずがなく、”結婚令“を言い逃れるための嘘でした。ヨン氏は、ホンシムを守るため、ホンシムにも記憶喪失の世子が”ウォンドゥク“だと嘘をつきます。刑罰を受けたくない、妾にもなりたくないホンシムは、”ウォンドゥク“と結婚することを選びました。一方、ウォンドゥクは、初めて見る“許嫁“や民家に嫌悪感を抱きます。「不快だ」を連呼し、周囲を拒絶します。

その頃王宮では、世子の失踪を受けて、王妃が大喜びします。また、世子嬪は、世子を襲わせたのは父親である左大臣であると察します。王だけが、世子の安否を気遣い、待つことに耐えかねて密かに世子を探しにでかけます。しかし、左大臣に先回りされ、王宮でおとなしくしているように諭されます。

見ず知らずの女性(ホンシム)とは、結婚しないと言うウォンドゥクでしたが、ホンシムの、結婚しなければ官僚パク氏の妾にされてしまうこと、そうでなければ、自分の代わりに父がひどい目にあわされることを聞かされます。ウォンドゥクは、ホンシムを助けるために結婚を決めました。結婚初夜、2人きりになり落ち着かないホンシム。ウォンドゥクは、「不快だ」と言い放ち、しかたなく結婚したが記憶が戻っていない、自分に指1本触れるな」と言い放つのでした。

その頃、都の橋の上で、誰かを待つ2人の男性。偶然にも、同じ人物=ホンシムのことを想っていました。1人は、漢城府のチョン・ジェユン。ホンシムに出会ったあの日を思い出していました。もう1人は、刺客ムヨン。生き別れとなった妹との「満月の夜に橋で会おう」という約束を守り、橋を訪れていました。刺客ムヨンは、ホンシムの兄ユン・ソクハだったのです。

結婚初夜が明けた朝、ウォンドゥクとホンシムは、ウォンドゥクが天涯孤独の無一文だと知らされます。ホンシムは、兵役についていたならその時の賃金をもらえるはずだと言い張り、それをもらいに”ウォンドゥク“の出身の村まで行くことにしました。村へ向かう道の途中で、人相の悪い2人組に絡まれ通行料を払えと脅され捕まってしまいます。

そして、目が覚めると、2人まとめてむしろに巻かれていて身動きがとれません。どうにか脱出しようと動くも出られず、ホンシムは、一緒に転がろうと提案します。しかし何を思ったのか、ウォンドゥクは、転がりたくないとホンシムを見つめるのです!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です