歴史モノ

100日の郎君様【4話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 4話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 4話のあらすじ

ホンシムはウォンドゥクを生まれ育った村へ連れていこうとするも、失敗。記憶はないが世子としての暮らしが身に付いているウォンドゥクは、大金を借りて高級品を揃えた上に家の修繕をしようとする。(引用:公式サイトより)

ネズミを怖がり、転がりたくないというウォンドゥク。ホンシムは、それを無視して転がり、ようやく脱出することができました。家に戻れた2人でしたが、これは、夫婦の末永い幸せを願い、”ウォンドゥク“のことを探られたくないヨン氏が、仕掛けたことでした。

天涯孤独の無一文だと知り、落ち込むウォンドゥク。記憶喪失ですが世子であった頃の振る舞いが身についていて、質素な家も食事も、何もかも受け入れることができませんでした。世間知らずなウォンドゥクは、高利貸しにつけ込まれ、借金と知らずに高額な物をたくさん買ってしまいます。次々に運び込まれる高級品に、ホンシムとヨン氏は驚き、ウォンドゥクがだまされたことを知り怒りに震えるのでした。ホンシムは、借金返済のため、なんでも屋を始めます。働こうとしないウォンドゥクに自分で作った借金を自分で返させようとしたのです。次々に依頼が来ますが、仕事を終わらせずに帰ってきてしまうウォンドゥクでした。

一方、都では、漢城府のチョン・ジェユンが引き続き医女殺害事件を調査していました。なぜ世子は、自分にこの件を調査することを禁じたのか、なぜ世子自らが調査していたのか。そして、まだ内密にされているけれども、世子ユルが行方不明だと聞き、医女殺害との関連を疑います。

世子が行方不明になって気持ちが不安定な王は、左大臣に相談します。世子は、雨乞いに行く前、解決すべき難題があると言っていた、それは暗殺されるかもしれないと思っていたのではないだろうかと。左大臣は、王に首謀者は誰だと思うかと問われても顔色一つ変えず、自ら山に行き必ず世子を連れて帰る、謀反を起こした一族を滅ぼすと言いのけるのでした。

ウォンドゥクは、自分が”ウォンドゥク“ではないと感じていました。①怪我をして倒れ目が覚めた時、ヨン氏に名前・どこの誰かと聞かれた=”ウォンドゥク“と呼ばれても体が反応しない②頭を下げたことがない=高貴な身分だったに違いない③ホンシムに近づいてもときめきを感じないと言うのでした。働きたくないから言い訳をしているのだと思ったホンシムは、本能ではわかっているはずと反論します。なぜならば、自分が好きな桜の木をウォンドゥクが植えたこと、桜の花が舞い散る木の下でプロポーズをされた思い出を聞かせるのでした。

山に水を運ぶ仕事があり、ウォンドゥクは、山に向かいます。そこで、奇襲された時の記憶が蘇り頭痛におそわれます。水がめを割って帰ってきたウォンドゥクに対して、働くのがいやでわざと割ったのではないかと詰め寄るホンシム。ウォンドゥクは、自分がわからなくて辛い、おまえが好きだったことを思い出させてくれと言い、ホンシムの腕の中で気を失ってしまうのでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です