歴史モノ

100日の郎君様【5話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 5話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 5話のあらすじ

倒れたウォンドゥクを夜通し看病するホンシム。回復したウォンドゥクは自分がどういう人間だったのか教えてほしいと頼むが、ホンシムには答えられない。一方、左相は死んだのが世子ではないと気づくが…。(引用:公式サイトより)

気を失ったウォンドゥクを、心配するホンシムでしたが、原因は空腹であったことがわかります。食事が口に合わず好き嫌いをするからです。仕方なく、それでもホンシムは懸命に看病します。看護疲れで眠ってしまったホンシムに触れてみるウォンドゥクでしたが、ホンシムが起きると何もなかったかの様に振る舞います。山での失敗は、頭痛のせいだと話し、過去の自分について具体的に教えて欲しいと訴えます。しかし、”ウォンドゥク“について何も知らないホンシムは、何も答えられないのでした。

一方、山で世子の捜索行っていた一行は、世子らしき遺体をみつけます。左大臣キム・チャオンが確認し、世子ではないことを確信しますが、王には世子が遺体でみつかったと報告します。そして、刺客ムヨンを呼び出し、世子の遺体を探すこと、仮に生きていたならば今度こそ確実に殺す様に命令します。

高利貸しが借金返済を要求してきて困り果てたホンシムは、記憶喪失でだまされただと役所に訴えます。村人達の“役立たずの大ばか者”だとの証言もあり、帳消しにできそうでしたが、ウォンドゥクは、自分は大ばか者ではないと主張し、借金をなかったことにできませんでした。借金を取り消せそうだったのにしなかったウォンドゥクに、怒りをぶつけるホンシム。そんなに金が好きなら妾になれと言い放ち、2人は喧嘩別れしてしまいました。

満月の夜が来て、ホンシムはまた都の橋に向かいます。そこで、漢城府のチョン・ジェユンと再開します。失顔症(人の顔区別できない病)のジェユンですが、ホンシムの顔は見分けがつくのでした。ホンシムが運命の相手だと言うジェユンの気持ちに応えられないホンシムは、二度とここへは来ないことを告げます。

喧嘩別れした後、ホンシムが帰ってこないことを心配するウォンドゥク。パク氏の還暦祝いがあり手伝いに行ったウォンドゥクは、そこで働くホンシムを見つけて嬉しさを隠せません。宴の真っ最中、手伝いをしていた村人が粗相をしてしまったのをかばうホンシム。まだホンシムに執着しているパク氏は、粗相を許す代わりに自分の隣でお酌をしろと言いつけます。ウォンドゥクは、詩をそらんじてみせ、パク氏を言い負かしホンシムの窮地を助けるのでした。

漢城府のチョン・ジェユンは、祖子が亡くなったことを知ります。そして、世子の側近者と会い、世子にもしものことがあった場合に渡すよう言われていたという封筒を受け取ります。その封筒には、一文字“踵“と書かれた手紙が入っていました。

ウォンドゥクが文字を読めると知ったホンシムは大喜びし、本を複写する商売を始めます。本を売ることでウォンドゥクは、初めて収入を得ることができました。その帰り道、高利貸しに出会いそうになり、2人は慌てて逃げます。狭い場所に隠れ、ウォンドゥクに見つめられ戸惑うホンシム。ウォンドゥクは、「記憶が戻ったようだ」と言うのです!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です