歴史モノ

100日の郎君様【8話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 8話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 8話のあらすじ

ウォンドゥクは、刺客ムヨンが放った矢に気がつき、ホンシムをかばって倒れ込みます。敵がもういないとわかると、梅の花の刺繍がついた靴をホンシムにプレゼントし、いつか桜の花の靴をプレゼントすると約束します。ホンシムは嬉しいのですが、ヨン氏からウォンドゥクが”ウォンドゥク“ではないことを聞いてしまい、複雑な心境でした。

ヨン氏から、山で瀕死の状態で倒れていた男を助けたこと、拷問にあっていたホンシムを助けるために記憶喪失だったその男を”ウォンドゥク“にしたと聞きました。

ホンシムは、だまし続けたくありませんでしたが、ウォンドゥクのことを思うと、その事実を簡単に打ち明けることができませんでした。ホンシムは、ウォンドゥクの記憶が戻るように手助けするのでした。

ムヨン(兄ソクハ)は、世子に似た男(ウォンドゥク)が会っていたのは自分の妹イソ(ホンシム)だと気がつき、2人の関係を調べます。そして、ウォンドゥクは、記憶喪失であり”結婚令“により妹と結婚した相手だとわかりました。ウォンドゥクが世子だと確信するムヨンは、今すぐにでも逃げようとホンシムを誘います。

兄が来るのをあんなに心待ちにしていたホンシムですが、ウォンドゥクが気にかかって気乗りせず、数日待ってもらえるように頼むのでした。ムヨンは、左相に何者かの手(世子を暗殺した証拠)を渡し、任務を終わらせました。左相の元を去るムヨンは、世子嬪に別れを告げます。そして立ち去ろうとした時、矢が胸に刺さり倒れてしまうのでした。

王宮では、王妃とソウォン大君は“王の孫”まで呪い殺そうとしたのかとの声が高まり、王はますます追い詰められていきます。悩み抜いた末に、王は密かに左相の部屋を訪ねました。これ以上噂で民意を操るなと訴え、王妃とソウォン大君の廃位を取りやめる代わりに、“世子嬪の子”が王座につけるよう配慮すると伝えたのです。左相は自分の真意を明かさないまま、廃位の件を撤廃に仕向けるのでした。世子と世子嬪の仲が悪かったのは周知の事実であったため、王妃は、世子嬪のお腹の子は本当に“世子の子”なのか疑いをもちます。

漢城府のチョン・ジェユンは、世子が雨乞いに行くよう仕向けたのは、左相だったことを知ります。そして、世子の密書を使って、左相に取り入ります。ジェユンは、左相により、ホンシムたちの村の長官に就任するのでした。

村人たちは、ウォンドゥクの誕生日を知り、お祝いをしてくれました。村人たちは、ウォンドゥクとホンシムが、お互いを意識している姿を微笑ましく見守ります。遂にウォンドゥクが、関係をもとうとすると、ホンシムは、初夜に「記憶喪失の自分に指1本触れるな」と言われたことを持ち出し、部屋から逃げ出してしまうのでした。

次の日、ありもしない思い出を語り、記憶が戻ったから自分は、”ウォンドゥク“であると主張するウォンドゥクに、呆れてしまうホンシムでした。仕事の依頼がきて、ウォンドゥクが、”ウォンドゥク“の出身である上の村に行きます。夜になり、呆然としながら帰ってきたウォンドゥク。ホンシムは、わざとウォンドゥクを上の村に行かせました。ウォンドゥクは、遂に自分が”ウォンドゥク”ではないことを知ってしまったのです!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です