歴史モノ

100日の郎君様【9話】見逃し動画やあらすじ!無料視聴方法を調査

100日の郎君様 9話の動画

100日の郎君様の動画を無料で視聴する方法

\無料視聴はこちらから/[100日の郎君様]動画を無料視聴

100日の郎君様 9話のあらすじ

ウォンドゥクは、自分が”ウォンドゥク”ではなかったこと、ホンシムが、素性がわからない自分を”結婚令”に従うために利用したことを知り、ショックを受けます。ホンシムは、記憶が戻るまで力になると伝えますが、自分を”ウォンドゥク”と思い始め、ホンシムに好意を抱いていたウォンドゥクは、行き場のない気持ちを抱えます。上手くいきかけていた2人の心がすれ違ってしまいました。

記憶喪失の自分が何者かわからずに混乱するウォンドゥクは、ヨン氏に、自分を見つけた場所に案内してもらいます。ヨン氏は、瀕死の状態から見て誰かに殺されそうになったのだろう、過去を探さず今のままでいたほうが良いと説得します。そして、ヨン氏の両親は、汚名着せられて殺されたこと、同じ目にあっていたヨンシムを見捨てられず自分の子として引き取ったこと、ウォンドゥクを助けたのも同じ理由だと話します。ウォンドゥクは、ホンシムにどこまでが嘘だったのか問いただし、本当の気持ちを探ります。そして、「自分がやめるまでおまえは俺の女で、俺はおまえの郎君(旦那様)だから覚えおけ」と言うのでした。

王妃の側近が、左相に寝返り、王妃が“世子嬪のお腹の子は、世子の子ではない”という怪文書を流そうとしていると密告します。王妃は、女官に噂を流すよう命令しますが、そこへ左相が現れました。王妃を“王妃の座”に据えたのは左相でした。何もするなと忠告して、王妃の部屋を後にするのでした。
左相に切り捨てられた世子のお付きのヤン内官は、一命を取り留めていました。密かに助けたのは漢城府のチョン・ジェユンでした。ジェユンは、村の新しい長官として赴任します。ホンシムとの再会を喜びますが、既婚者だと言い素っ気ない態度をされ落胆します。世子(ウォンドゥク)にも再会できましたが、顔の見分けがつかないジェユンは、ウォンドゥクが世子だと気づけませんでした。

ウォンドゥクは、村の前長官の不正を暴くのに大きく貢献した褒美に、王様から絹をもらいました。それを売ることで、ようやく借金を全額返済することができたのでした。ウォンドゥクは、王様への献上品を運ぶため、都に行くことになりました。記憶を取り戻すためにも行ってくると言うウォンドゥクを寂しそうに見送るホンシムでした。そんなウォンドゥクは都に着くと宮中を歩き回り、その姿を目撃されてしまいます。
矢が胸に刺さった刺客ムヨンは意識を取り戻しました。そして、宮中で世子によく似た人物を目撃したと聞き、慌てます。その人物を探しに行き、ウォンドゥク(世子)を見つけ後をつけました。人気のないところで襲いかかりますが、負傷しているのもあり、倒されてしまいます。ウォンドゥクは、自分の素性を知っているとして、問い詰めるのでした。

一緒に都に行った村の仲間が帰ってきたのに、ウォンドゥクは、帰ってきませんでした。偽の結婚のはずなのに、心底心配するホンシム。そこへ、ウォンドゥクが帰ってきました。記憶を取り戻したら帰らないと思っていたと言うホンシムに、ウォンドゥクは、初めての口づけをするのでした!

100日の郎君様の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

>100日の郎君様の動画まとめ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です