俳優・女優紹介

イ・ソジンのプロフィールや代表作まとめ!身長や年齢・結婚はしてる?インスタやTwitterアカウント

時代劇からラブストーリーまで幅広く役をこなすマルチな大御所俳優イ・ソジンさん。

1999年に俳優デビューし、これまで様々な人気ドラマに出演してきました!また、2013年頃からはバラエティー番組でも人気を博すなど驚きの多彩ぶりを発揮しています。

そんなイ・ソジンさんの代表作や輝かしい経歴、プライベートなどをまとめてみました!

イ・ソジンの経歴・プロフィール

名前 イ・ソジン
ハングル(英語) 이서진(Lee Seo-jin)
生年月日 1971年1月30日
出身地 大韓民国
身長・体重 178cm・68㎏
血液型 A型
所属事務所 hookエンタテインメント
SNSアカウント なし

イ・ソジンさんは、高校1年生のときにアメリカに留学し、ニューヨーク大学経営学科を卒業した超エリート!

父親に勧められてアメリカに留学しましたが、元々は映画監督になることが夢だったそうです。今から30年程前に、アメリカに7年間留学していたことを考えると、かなり裕福な家庭で育ったことがうかがえます。

そんなイ・ソジンさんは、1999年のSBSドラマスペシャル『波の上の家』に出演し、俳優としての第一歩を踏み出します。『波の上の家』では端役でしたが、その後『星を射る』や『彼女の家』では主演級の役を獲得し、スター俳優へと昇りつめていきます。

そして、2003年『チェオクの剣』で一途に一人の女性を愛し続ける男を演じ、さらに高い人気を得ます。それは、本作の熱狂的なファンを示す「茶母廃人(ダモペイン)」という造語が生まれるほど!

そのため、イ・ソジンさんは次の作品を選択するのがとても大変だったそう。時代劇のイメージが強くなってしまったことで、現代劇への戻り方に慎重になりました。

しかし、2004年そんな不安を覆し、現代劇『火の鳥』で見事な演技を見せます。現代劇から時代劇まで、マルチに役を演じられる俳優として名声を高めるのでした!

ここからさらにイ・ソジンさんの出演作や代表作に迫ります!

イ·ソジンの家柄と彼の優れた人柄

イ·ソジンさんは金融一家に生まれました。

イ·ソジンさんの祖父イ·ボヒョンさんは元第一(チェイル)銀行頭取、ソウル銀行頭取を務め、父親が安興(アンフン)相互信用金庫理事長を務めた金融関係者だと知られています。

また、LGグループの創業主であるク·インフェさんの3女が次女の叔母です。

そうするうちに自然に子供の頃財閥たちと交流を持つようになりました。

特にLGが釜山で事業を開始し、ソウルに上京する際に大きな役割を果たしたのはイ·ソジンさんの祖父のイ·ボヒョンさん元第一銀行頭取で、その関係で自然に親戚同士の交流があったものと見られます。

中学時代にアメリカに渡り、ニューヨーク大学経営学科を卒業して帰国した後、現役兵として入隊し、 国防部機務司令部の機務部隊で軍服務をしたと言います。

社会指導層の子弟が兵役の義務を忌避することがしばしば発生していることに比べれば、イ·ソジンさんは義務を誠実に実践したと見ることができますね!

しかもイ·ソジンさんが生まれた年はベビーブーム世代だったので入営対象があふれ、少しでも体調が悪かったり、偏平足の人も免除されるなど、徴兵基準も厳しくない時期でした。

意外にもイ·ソジンさんが兵役免除を受けたと思っている人が多いですよね?

ちょうど家も上流階級である上、留学生活の前に言及した形で兵役逃れをしたのではないかと誤解される恐れがあります。

イ·ソジンさん本人も普段、軍隊の話をよくする方ではないため誤解することもあるが、確かに陸軍兵長満期除隊者です。

イ·ソジンさんはバラエティ番組 『三食ごはん』で軍生活の話をし、本人が軍服務者であることを分かってくれなくて寂しかったといったことがあります。

また、イ·ソジンさんは俳優イ·スンジェさんを非常に尊敬しているようです。

バラエティ番組 『花よりおじいさん』の撮影当時、「イ・スンジェさんとは世界一周もできる」と話したことがあります。

さらに、「生まれ変わったら、イ・スンジェさんの息子に生まれたらいい」とも言いました。

イ·ソジン本人の話では、父親の性格はあまりにも無愛想で、二人が旅行に行ってもお互い一言も話さないほどだったが、祖父はとても多情多感だったと話しました。

イ・スンジェさんには、祖父と似たような感じを受けると言いました。

そもそも『花よりおじいさん』のポーターにキャスティングされたのには、俳優イ・スンジェさんのマネージャーの推薦があったからです。

普通、他の演技者たちは待機中の時は個人車両や控え室で待つが、イ·ソジンさんは待機中もイ·スンジェさんのそばを守りながら、イ·スンジェさんが同じ話を繰り返しても毎度傾聴し、ご飯を食べて来てもイ·スンジェさんが食べようと言えばまた一緒に食べるなど、そばでイ·スンジェさんを几帳面に面倒を見たといいます。

その姿に注目したイ·スンジェさんさんのマネージャーが、ナ·ヨンソクPDに、ポーターとしてイ·ソジンを推薦し、バラエティ番組『1泊2日』の出演当時の姿に注目していたナ·ヨンソクPDが、イ·ソジンさんをキャスティングしたのです。

 

また、2020年1月1日、ソウル市社会福祉共同募金会(愛の実)の高額寄付者の集まりであるアナ·ソサエティに1億ウォンを寄付、2020年初のアナ·ソサエティの会員になりました。

イ·ソジンさんは2006年から韓国ハビタットの広報大使を務め、「イ·ソジンビルド」を通じて希望の家作りのボランティア活動を続けており、昨年は該当団体の高額後援者の集まりである「ザ·プレミア·ゴールデンハンマー」の会員に委嘱されました。

イ・ソジンの出演履歴

イ・ソジンの出演映画

  • 2000年 韓国映画 [恐怖タクシー]
  • 2001年 韓国映画 [I LOVE YOU]
  • 2005年 韓国映画 [無影剣]
  • 2015年 韓国映画 [今日の恋愛]
  • 2018年 韓国映画 [完璧な他人]

イ・ソジンの出演ドラマ

  • 1998年 韓国ドラマ [波止の家]
  • 1999年 韓国ドラマ [ワンチョ]
  • 2001年 韓国ドラマ [彼女の家]
  • 2001年 韓国ドラマ [永遠の初恋]
  • 2001年 韓国ドラマ [ニューノンストップ 取ってまた取って]
  • 2002年 韓国ドラマ [君に出会ってから]
  • 2002年 韓国ドラマ [君を射る(茶母)]
  • 2003年 韓国ドラマ [チェオクの剣]
  • 2004年 韓国ドラマ [火の鳥]
  • 2006年 韓国ドラマ [フリーズ]
  • 2006年 韓国ドラマ [恋人]
  • 2007年 韓国ドラマ [イ・サン]
  • 2008年 韓国ドラマ [オンエア―]
  • 2009年 韓国ドラマ [紅の魂~私の中のあなた~]
  • 2011年 韓国ドラマ [階伯]
  • 2014年 韓国ドラマ [本当に良い時代]
  • 2016年 韓国ドラマ [契約結婚]
  • 2019年 韓国ドラマ [トラップ~最も残酷な愛~]
2001年 MBC演技大賞 新人賞(彼女の家)
2003年 MBC演技大賞 優秀賞(タモ(茶母))
2003年 MBC演技大賞 ベスト カップル賞(タモ(茶母)&ハ・ジウォン)
2004年 MBC演技大賞 ベスト カップル賞(火の鳥&イ・ウンジュ)
2004年 MBC演技大賞 最優秀賞(火の鳥)
2006年 SBS演技大賞 最高人気賞 10大スター賞(恋人)
2007年 MBC演技大賞 男性最優秀賞(イ・サン)
2016年 MBC演技大賞最優秀演技賞特別企画部門(結婚契約)

イ・ソジンの代表作やオススメ作品

イ・ソジンの代表作ドラマ[契約結婚]

2016年、MBC

出演者:イ・ソジン、ユイ

偽りの結婚から始まった二人の、真実の愛にあふれる正統派ラブロマンス。

韓国で放送開始後、視聴率は右肩上がりに上昇し人気を博しました!夫に先立たれて娘と二人で暮らすチョン・ヘスが、17歳年上の冷酷な御曹司ハン・ジフと期間限定の契約結婚することに…。本当の幸せを手にするために大切なものは何なのか、愛が人を救うという不動のテーマが温かく描かれています。

本作でイ・ソジンは、傲慢で傍若無人な性格の敏腕事業家を熱演。常に堂々としているが、寂しがり屋な一面も持つ役を繊細に演じました!

韓国ドラマ[結婚契約]動画を無料で1話〜全話視聴する方法!あらすじやキャスト相関図と日本語字幕情報このページでは、韓国ドラマ[結婚契約]の動画を無料で視聴する方法について調査してみました! \U-NEXTなら31日間無料で見放題!/...

イ・ソジンのオススメドラマ[チェオクの剣]

2003年、MBC

出演者:イ・ソジン、ハ・ジウォン、キム・ミンジュン

涙なくしては見られない、切なすぎる本格時代劇。

韓国では、「茶母廃人(ダモペイン)」と呼ばれる熱狂的なファンを生み、社会現象となりました!舞台は17世紀の朝鮮。捕盗庁の捜査で抜群の能力を発揮するチェオクと、チェオクが使える長官の息子であり捕盗庁の武官ファンボ・ユンの恋を中心に物語は進みます。壮大なスケールのアクションと切ないラブストーリーが繰り広げられる展開に目が離せません!

本作にイ・ソジンは、忠義に厚くかつ冷静沈着な部分を併せ持つ武官ファンボ・ユン役で出演。本作で一躍トップスターの仲間入りを果たしました。

イ・ソジンのオススメドラマ[イ・サン]

2007年-2008年、MBC

出演者:イ・ソジン、ハン・ジミン、イ・ジョンス

朝鮮王朝史上、最も波乱万丈な人生を送ったイ・サンの生涯を描いた歴史大作。

民のための政治を行った祖父の意志を継ぎ、社会の弊害を改革しようと果敢に取り組み成長していく姿が、ソヨンとの切ない恋愛と絡めて豪華絢爛に描かれています! 韓国ドラマとして初めて宮廷行事の記録画がなどを担当した図画署(トファソ)が登場するのも魅力の一つ。

本作でイ・ソジンは主人公イ・サンを演じきり、彼の代表作となりました!

イ・ソジンのオススメドラマ[恋人]

2006年、SBS

出演者:イ・ソジン、キム・ジョンウン

驚異的大ヒットを記録した『パリの恋人』と『プラハの恋人』のスタッフが手掛ける「恋人」シリーズの第3弾として放送された切ないラブストーリー。

舞台は中国のハワイとも言われる海南島。卓越した腕をもつ美容整形外科の女医ユン・ミジュと孤児として育ったヤクザのハ・ガンジェの間で繰り広げられる不器用な愛が丁寧に描かれています。愛する人の幸せをただ願う、命をかけて愛する人を守る、究極な愛の形は胸に響くこと間違いなし!

本作にイ・ソジンは孤児として育ったヤクザのボス、ハ・ガンジェ役で出演。主人公を演じたイ・ソジンとキム・ジョンウンは本作で数々の賞を受賞したばかりか、プライベートでも交際に発展しました!

イ・ソジンのオススメドラマ[火の鳥]

2004年、MBC

出演者:イ・ソジン、イ・ウンジュ 他

切なく苦しい純愛ラブストーリー。裕福なわがまま娘のジウンは、ある日苦学生のセフンがバイトするガソリンスタンドに車で突っ込んでしまい、二人は出会う。その後、親密になり両親の反対を押し切って結婚。価値観の違う二人の結婚生活は果たして…。最高視聴率31.4%を獲得、当初は16話の予定でしたが、26話に延長される大ヒットとなりました!

本作でイ・ソジンは、苦学生から社長に上り詰めるセフンを熱演。前作『チェオクの剣』で時代劇のイメージが強くなっている最中、現代で葛藤する若者を見事に演じ切りました!

イ・ソジンのプロフィールや代表作まとめ

様々な人気ドラマに出演してきたイ・ソジンさんですが、2013年に放送されたバラエティー番組『花よりおじいさん』で新たな一面をみせます!

この番組は、イ・ソジンさんがツアーガイドとなり、ベテラン大御所俳優4人とともに世界各地をバックパック旅行するというもの。素の俳優たちのコミカルな掛け合いはもちろん、イ・ソジンさんの英語力などが好評を博して大人気となり、シリーズ化しました。

そして、『花よりおじいさん』に後続される形で放送された『三食ごはん』。人気スターが、田舎の村に滞在しながら自給自足と自炊して三食を食べる姿をみせる番組で、こちらも大人気となりました。

文句を言いながらも料理に精を出すイ・ソジンさんの可愛い奮闘ぶりが好感度を上げ、CM出演数が急増する結果に!

さらに、2本の大ヒットバラエティーに続き、2017年からは新たに『ユン食堂』にも出演しておられます。

そんな活躍の幅を広げるイ・ソジンさんですが、恋愛はどうなのでしょうか?

イ・ソジンさんは、2020年現在結婚していません。ただ2006年にドラマ『恋人』で共演したキム・ジョンウンさんとの熱愛が報じられています。

度々彼女について言及するなどオープンな関係だったようですが、約2年で破局。その後、熱愛の情報は出ていません。

また、2018年のバラエティ番組では、「一人で住むのに楽なようにリフォームした。完全に自分スタイルで。俺ももう50になる。結婚って歳じゃないだろう。50は孫を持つ歳だぞ」と発言しています。今は結婚する気はないようですね!

時代劇から現代劇、バラエティー番組、CMと活躍の幅を広げ続けるイ・ソジンさん。今後も様々な活躍が期待されます!ぜひご注目下さい!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です