恋愛・ラブストーリー

韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]3話のネタバレあらすじやキャスト

このページでは、韓国で2020年8月25日に放送された韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]の第3話のネタバレあらすじについて書いています。

韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]第3話のネタバレあらすじ

ヒョンジョンと喧嘩して旅行から帰ってきたヒョンジンは、ガンウの家の前でナウンの手首を握って立っているガンウを見ることになります。

そして、ナウンはヒョンジンに「連絡もなしに来たら困る」と言います。

しかし、泊まるところがないナウンは、仕方なくヒョンジンの部屋で一緒に過ごすことになります。

ガンウは、さっきナウンから受け取ったものを確認します。

ナウンがガンウに渡したものは、

「本当に申し訳ありません。精神科医だということを知らなくて過ちをしました。本当に申し訳ありません」

と書いたメモと飲み物でした。

ガンウはようやく誤解が解けてほっと一安心しました。

ナウンは、ヒョンジンがシャワーを浴びる間に眠ってしまいました。

ヒョンジンは寝ているナウンを抱いてベッドに寝かせるが、ナウンが寝ぼけてヒョンジンの顔を自分の両手で包んで、自分の顔の方に近づけたため、少し戸惑うヒョンジンです。

翌朝、ナウンが起きてみたら、ヒョンジンは「俺はご飯食べに行く」というメモを残して、一人で先に食事に行ってしまっていました。

ナウンも後を追って、ご飯を食べにリビングルーム行きます。

久しぶりにシェアハウスの住民が集まって食事をすることになり、ドンソクは喜んでいました。

食事中にナウンとヒョンジンに「お互いに理性として感じたことがないのか?」と聞くギョンウォン。

ナウンは「いないです」とすぐに答えるが、すぐに答えないヒョンジン。

それを聞いたドンソクは、「自分も今離婚準備中の妻と最初は友達だったが、恋人に発展して結婚したんだ。」と話し、友達から恋人になるのは簡単だと話します。

食事が終わって、一緒に部屋の掃除をすることになったナウンとヒョンジン。

ヒョンジンは汚れた部屋を見てナウンに小言を言います。

ヒョンジンが部屋の掃除をしている間、 洗濯をしに行くナウン。

ナウンはランドリーで漫画を読んでいるカンウに出会います。

多様な種類の漫画本の最終話だけを読む理由が知りたくなったナウンは、ガンウに理由を聞いてみます。

そんなナウンにガンウは「世の中のことも自分の思うようにはいかないから、漫画ぐらいはエンディングを先に知るのもいいと思ってエンディングを見てからこの本を読むかどうかを決めるんだ。」と話してくれます。

洗濯が終わるのを待ちながら、居眠りをするナウン。

隣で寝てるナウンを見守っていたガンウは、自分の肩にナウンが寄り添って寝られるようにしてくれます。

しばらくすると洗濯機が終わる音がして、ナウンは目が覚めます。

ガンウの洗濯かごにあるHappy Togetherと書かれているTシャツを見て「ヒョンジンも同じものを着ていたな…。」とガンウに言うナウン。

ガンウは、そのTシャツはドンソクが入居する人々に記念にプレゼントしたものだと話します。

洗濯が終わったベッドシーツをつかみ合ってはたくナウンとガンウ。

その反動でお互いに引っ張られ、ナウンはガンウの首に唇がついてしまい、洗濯しに行って帰ってこないナウンを探しにランドリーに来たヒョンジンはその姿を見てしまいます。

掃除を終えて共有ハウスを出る3人。

出勤するガンウは、ヒョンジンとナウンを自分の車に乗せてあげると話します。

一方、テラスでナウンとヒョンジンが共有ハウスから出る姿を見たギョンウォンとボラ。

「二人一緒に寝たんだよね?」と話し、「男女関係で友達はいない」という言葉とともに、「どちらか一人でも相手が異性だと感じ始めると辛くなる。」と話し合います。

一方、ガンウの車に乗ってカフェに向かう途中、ナウンは知り合いの姉から電話がきて作家のサイン会に来てほしいと頼まれます。

サイン会の人数が足りないと聞いて、ガンウとヒョンジンも一緒に行くことになります。

そこで「久しぶりだね」とナウンに話しかけるナウンの元彼と出会います。

元彼は「他人の小説を直すのが体質に合っているみたいだね?」と、まだ自分の本を出したことないナウンに話します。

そんな元彼「少なくとも私は人の文を盗まない」と言うナウン。

隣で二人の話しの内容を聞いたヒョンジンは「他人のアイデアを盗んだ人がまるで自分が人みたいに思ってるね。」と言い、その場でナウンを助けてあげます。

その日の夕方、ナウンはインターネットでさっき出会った元彼のインタビュー映像を見ることになります。

インタビューで彼は、「1年間付き合った彼女がいたが、その人は実力もあって、文章を書くのが好きだった、その彼女を見てインスピレーションを受けた。」と話しました。

その晩、寝る準備をしに部屋に入ってきたナウン。

腹筋をしていたヒョンジンは、ナウンに「小説を書くのも体力争いじゃないか?」と言って、ナウンに腹筋をしてみろと言います。

そしてナウンの足が動かないように 足首を掴んでくれるヒョンジン。

腹筋をしながら近づいてくるナウンの顔を見て、ヒョンジンは意識してドキドキしています。しかしその反面、全然平気なナウン。

さっき近づいてきたナウンの顔を見てドキドキしたヒョンジンは「暑い」と言って急にシャワーを浴びに行きます。

シャワーを浴びている間にも、さっきのナウンの顔が思い浮かぶヒョンジン。

今日もナウンはバスに乗りに停留所に行き、そこでジョンフンに会います。スマホでナウンの小説を読みながら笑っているジョンフンを見たナウン。

隣にナウンが来たことに気づいたジョンフンはナウンに「見ていたのか」と聞いて、ナウンが書いた小説が面白いと褒めてくれます。

2人は同じバスに乗ることになり、バスが急に動いたせいでナウンは重心を失って倒れそうになったところを、ジョンフンがナウンの腕を掴んでくれます。

ジョンフンが自分の小説を読んでいることを知って気になり始めるナウン。

一方、ヒョンジンはヒョジョンから「けんかした後、一度も連絡もしないのか」というメールを受けます。

そしてメールを確認しても返事をしないヒョンジンに「このまま別れられない」とまたメールを送るヒョジョンです。

その後、カフェで会って話すヒョンジンとヒョジョン。

ヒョンジンはヒョジョンに「お互いによく合わないようだと思うから別れよう」と話すが、ヒョジョンは「ナウンとはよく会うっているのか?」と聞き返します。

結局、ヒョジョンは「ヒョンジンに合う人になろうと努力することはもう疲れる」と言い、別れようと話します。

そして、ヒョジョンはカフェを出ます。

週末の夕方には、入居者一人が講師となって一緒に授業を行う行事があるのですが、この日の夜にはマッコリ作りの授業があって共有ハウスの人たちと一緒に食事をすることになりました。

ホテルシェフ出身のドンソクがチヂミを作り、ボラの指導の下でマッコリを作る共有ハウスの人々。

マッコリ作りが終わり、ボラが用意しておいたマッコリを皆一緒に飲み始めます。

しかし、マッコリを飲んだらへべれけになるナウンにはあげないヒョンジン。

ドンソクは歓迎式の時に見たけど、「さかぐせがほとんどなかった」と言いナウンにマッコリをあげようとしました。

しかし、今度はジョンフンが横取りして飲みます。

ヒョンジンとジョンフン、ガンウの妨害で結局マッコリを一口も飲めなかったナウン。

マッコリを飲んでいたところ、用意しておいたマッコリが足りなくなって、さらに買ってこようとじゃんけんをするのだが、ガンウとナウンが負けて二人で一緒に酒を買いに出かけます。

マッコリを飲んで運転できないガンウの代わりに運転することになったナウン。

その時、ガンウのスマホに「父が危篤だ」という内容の電話がかかってきます。

気が向かなかったが、電話を受けて父親に会いに来たガンウは、「危急の峠は越えたが、現在、かなり良くない状態」という話しを聞きます。

父の体の状態を伝える医師に「私が見たいのは父の死顔」と言うガンウ。

そして、「これからあの人がどうなっても連絡するな、俺と関係ないから」と言います。

一方、病室に入らないガンウを見て、ナウンは「どうして入らないの」と心配で聞いてみるが、ガンウは「おせっかいするな」と怖く言いました。

そんなガンウの行動にナウンは「見知らないよ」と言い、その言葉を聞いたガンウは「私のこと知ってる?」と聞きます。

帰り道、ナウンとガンウはお互い何も言わずに家に着きました。

家に着いたナウンは、「さっきはよく知らないくせに、お節介してごめんなさい」と謝ります。

「ガンウがたまに言ってくれる言葉が力になる時があって、私もそうしたかった。」とし、「言いたくなった時には言え。」というナウン。

そんなナウンにガンウは「さっきはありがとう」と言います。

部屋に入ってきたナウンは文章を書くために部屋を出ようとするが、さっき家の前でガンウとナウンの姿を見たヒョンジンは二人の関係が気になる様子です。

その夜、ナウンは出版社からナウンが書いた原稿を読んでみたけど、「気に入った、一緒に働きたい。」という電話を受けます。

ナウンが書いた他の原稿も見たいという出版社の話ににナウンは承諾します。

やっと自分の小説を書くことができると喜ぶナウン。

隣にいたヒョンジンもナウンを祝ってくれます。

その時、ヒョンジンの故障したノートパソコンとラジオを直して持ってきたガンウ。

ガンウはナウンの話を聞いて、心からナウンを祝ってくれました。

出版社に原稿を送ろうとするナウンは、原稿がノートパソコンに保存されていないことに気づき、ガン・ウに直すことを頼みます。

ガンウは、「予約のキャンセルできない患者がいるので、病院に行かなければならない」と言って、ナウンのノートパソコンを持って出かけます。

まず、ガンウのノートパソコンで文章を書き始めるナウンは、カンウが来るのを待ちます。

ガンウは修理業者に巨額を渡し、急いで修理してほしいと頼み、ナウンが喜ぶ姿を想像しながら、ナウンがいるライブラリーに向かいます。

その時、ナウンは近くに蚊が飛んでいるのを見て、椅子に上がって蚊を捕まえようとしたが、重心を失って倒れそうになります。

ヒョンジンは倒れようとするナウンを見て、つかもうとするが一緒に倒れます。

二人は床に一緒に寝ている姿になり、その姿をガンウとギョンウォンが見ることになりますが…。

韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]番組情報

番組名 恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌
(연애는 귀찮지만 외로운 건 싫어! )
放送局 MBC every1
放送日 2020年8月11日
火曜 22:50〜
主演 チ・ヒョヌ
キム・ソウン
公式サイト 公式HP

韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]登場人物の相関図・キャスト

  • チャ・ガンウ:チ・ヒョヌ
  • イ・ナウン:キム・ソウン
  • カン・ヒョンジン:ゴニル
  • チェ・ギョンウォン:ハン・ジワン
  • チョン・ボラ:ハヨン
  • チョン・フン:ゴンチャン
  • キム・ドンソク:キム・サンホ
  • ハン・アルム:ソン・ジヒョン
  • チョ・ジア:チャ・スヨン
  • ノ・ジフン:ノ・ジフン
キム・ソウンのプロフィールやおすすめ韓国ドラマ!身長や年齢・結婚はしてる?インスタやTwitterアカウントキム・ソウンさんと言えば、韓国版ドラマ『花より男子』に主演の親友役でも出演された女優さんですね! 漫画をはじめ、人気作のこの韓国版...

韓国ドラマ[恋愛は面倒くさいけど寂しいのは嫌]全話ネタバレあらすじ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です