俳優・女優紹介

パク・シフのプロフィールやおすすめドラマ!身長や年齢・結婚はしてる?インスタやTwitterアカウント

パク・シフさんは1998年に大学路の小劇場の舞台で主演されたのがデビュー作になります。

その後は、2005年にドラマ「怪傑春香」でテレビデビューしました。以降は「イルジメ/一枝梅」、「家門の栄光」などヒット作に続けて出演しています。

兵役を終えて30歳近くで華々しいデビューを果たしたパク・シフさんの、プロフィールや出演作品についてご紹介します!

パク・シフの経歴・プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Good night🤞💜

parksihoo 박시후✌(@park_si_hoo_01)がシェアした投稿 –

名前 パク・シフ
ハングル(英語) 박시후(Park Si Hoo)
生年月日 1978年4月3日
出身地 忠清南道 扶余
身長・体重 182cm, 70kg
血液型 B型
所属事務所 HOOFACTORY
SNSアカウント Instagram

パク・シフの出演履歴

映画

  • 1999年 韓国映画[春香伝]
  • 2012年 韓国映画[殺人の告白]
  • 2014年 韓国映画[君の香り]
  • 2015年 韓国映画[きみの声を探して アフター・ラブ]

ドラマ

  • 2005年 韓国ドラマ[快傑春香]
  • 2005年 韓国ドラマ[結婚しよう!~Let’s Marry~]
  • 2006年 韓国ドラマ[君はどの星から来たの]
  • 2007年 韓国ドラマ[完璧な恋人に出会う方法]
  • 2008年 韓国ドラマ[イルジメ/一枝梅]
  • 2008年 韓国ドラマ[家門の栄光]
  • 2010年 韓国ドラマ[検事プリンセス]
  • 2010年 韓国ドラマ[逆転の女王]
  • 2011年 韓国ドラマ[王女の男]
  • 2012年 韓国ドラマ[清潭洞<チョンダムドン>アリス]
  • 2016年 韓国ドラマ[名もなき英雄]
  • 2017年 韓国ドラマ[黄金の私の人生]
  • 2018年 韓国ドラマ[ラブリー・スター・ラブリー]
  • 2019年 韓国ドラマ[バベル~愛と復讐の螺旋~]
  • 2020年 韓国ドラマ[風と雲と雨]
2007年 SBS演技大賞 ニュースター賞(完璧な恋人に出会う方法)
2009年 SBS演技大賞 特別企画部門 演技賞(家門の栄光)
2010年 MBC演技大賞 優秀演技賞(逆転の女王)
2011年 KBS演技大賞 男性最優秀演技賞(王女の男)
KBS演技大賞 ベストカップル賞(王女の男withムン・チェウォン
KBS演技大賞 人気賞(王女の男)
2017年 KBS演技大賞 長編ドラマ部門男性優秀演技賞(黄金の私の人生)
KBS演技大賞 ベストカップル賞(黄金の私の人生withシン・ヘソン)

パク・シフさんは、スキューバダイビング、筋トレ、スノボ、合気道、ボクシング、剣道と、スポーツ全般が大得意!「特に野球はするのも見るのも好きです。合気道が一番得意です!」穏やかで優し気な顔と反する、がっしりとしてスラリとした体躯にギャップ萌えする女性も多いのでは?

ファッションモデルとして活躍していた父親の影響を受けて、芸能人を志したパク・シフさん。デビューについてこう振り返っています。

「父はファッションショーのモデルとして活躍し、映画に出演したこともあって昔から僕の自慢で憧れでした。でも田舎暮らしだったので、実現するには難しい。性格も内気でした」

夢を諦め地元の大学に進学したものの、やはり諦めきれず一念発起してソウルに上京、下積み時代を迎えます。

「ソウルの街を歩いていると、よく声をかけられて芸能事務所の名刺をもらうようになり、それで自信がついて、すぐにテレビに出られると思っていたけれど、ちゃんとした配役をもらえるまでに10年かかりました」

2005年「快傑春香」の脇役でテレビデビューしたパク・シフさんは、2005年「結婚しよう!~Let’s Marry~」ではちゃっかりした可愛い年下男性を、2006年「君はどの星から来たの」では正反対の理知的で物静かな姿を演じました。またスター俳優キム・レウォンさんと双壁を成す人物として熱演したこともあって、日本でも顔が知られるようになっていきます!

パク・シフの代表作やオススメ作品

パク・シフのドラマ代表作[家門の栄光]

2008年、SBS

出演者:パク・シフ、ユン・ジョンヒ、シン・グ他

伝統ある宗家の娘ハ・ダナ(ユン・ジョンヒ)は、ある日、宗家の家系図を買い取りたいという成金男イ・ガンソク(パク・シフ)に出会う。育った環境の違いで反発するも、なぜか惹かれあう2人…。愛を選ぶか、家門を選ぶか…。

パク・シフさんは、仕事はできるが、女性の前では生意気で図太い性格のガンソクを演じています。脚本家のリクエスト「ここで悩殺的な目つきを見せて」に見事に応えたあの名シーン、ぜひご堪能ください!

パク・シフのオススメドラマ[快傑春香]

2005年、KBS

出演者:ハン・チェヨン、ジェヒ、オム・テウン、パク・シウン他

貧しいながらも才色兼備で明朗快活なソン・チュンヒャン(ハン・チェヨン)が通う高校に、問題児のイ・モンリョン(ジェヒ)が転校してくる。2人はある誤解がもとで結婚することになり…。韓国の古典小説「春香伝」がモチーフとなった学園ラブコメ。

モンリョンの初恋の先輩の彼氏役、という役名もない脇役で出演しています。3話の別れ話でワインを顔にかけられるというシーンが!!その後の著しい活躍のきっかけになったパク・シフさんのドラマデビュー作品です。ぜひチェックしてください。

パク・シフのオススメドラマ[イルジメ/一枝梅]

2008年、SBS

出演者:イ・ジュンギ、パク・シフ、ハン・ヒョジュ、イ・ヨンア他

時は17世紀、両班イ・ウォノの息子イ・ギョム(ヨ・ジング)は、とある陰謀により父を目の前で殺される。ショックから記憶を失うギョム。「ヨン」と言う名で育てられていたが、やがて過去の記憶を取り戻し、義賊となって父の仇をうつことを決意する。

パク・シフさんは、ドラマでも「シフ役」として出演します。家族に虐げられ想い人とも心を通わせられず、イルジメを追うことに躍起になってしまう悲運なキャラクターを見事に演じました。貴公子然とした佇まいも時代劇にとてもよく似合っています!

パク・シフのオススメドラマ[検事プリンセス]

2010年、SBS

出演者:キム・ソヨン、パク・シフ、ハン・ジョンス、チェ・ソンヒョン他

世間知らずでワガママなセレブお嬢様マ・ヘリ(キム・ソヨン)は、新任講習をすっぽかして買い物へ出かけ、車上荒らしに遭ってしまう。そこに弁護士のソ・イヌ(パク・シフ)が現われ助けてもらうのだが、彼にはとんでもない過去と秘密の計画があった…。

主人公が事件を通して成長する過程を丁寧に描いており、ラブコメ・サスペンス、両方の要素が詰まった作品です。挿入歌でパク・シフさんの歌声が聞けますよ!

パク・シフのオススメドラマ[王女の男]

2011年、KBS

出演者:パク・シフムン・チェウォン、ホン・スヒョン、ソン・ジョンホ他

親が宿敵同士とは知らずに出会い、恋に落ちた朝廷の重臣の息子キム・スンユ(パク・シフ)と王族の娘イ・セリョン(ムン・チェウォン)。切ない愛を描いた朝鮮王朝版「ロミオとジュリエット」。

パク・シフさんは、本作で初めて主役を演じることになります。前回の時代劇「イルジメ」のロケが大変だったことから、当初はオファーを断る予定だったとか。前半の一途な好青年から一転、後半は徐々に復讐という感情剥き出しの役に挑戦し、この作品で初の最優秀演技賞を受賞しました。人気も演技力も評価が高まった見逃せないドラマです。

パク・シフのプロフィールや代表作まとめ

パク・シフさんは過去に、共演した女優キム・ソヨンさん、ムン・グニョンさんと熱愛説が浮上しましたが「事実無根」で終わってしまいました。

2011年のインタビューでは、「デビュー前に4年間付き合った彼女がいたけれど、仕事で会えず自然消滅してしまった」「40歳までには結婚したい」と語っています。お相手が気になるところですね!

そしてデビュー前に大学を中退してしまったため、2011年に大学に入りなおし、2016年に卒業しています。まじめに演技を学ぼうとする、意識の高さが見えてきます。

2013年には女性スキャンダルで韓国での活動が一時的にストップし、中国映画や日本での地道な活動を続け、2017年、ようやく韓国でのドラマ「黄金色の私の人生」に主役として抜擢されます。

決して裕福とはいえない環境で努力し、勝ち取ったチャンスに気づくも、奈落の底に落ち、本当の幸せに気づいていく過程を描いた作品で、ドラマに復帰する作品としては意味深な内容ですが、パク・シフさんは「検事プリンセス」脚本家からのオファーだからと、あらすじも確認せずにそのまま受けたことを語っています。

クールでちょっと抜けたツンデレキャラが見どころのこの作品は視聴率45%超えの話題作となり、KBS演技大賞の受賞では、涙ぐんだ目でファンへ感謝の気持ちを伝えていました。

スキャンダルという苦難を乗り越え、精力的に活動するパク・シフさん。今後の活躍が期待されます!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です