恋愛・ラブストーリー

太陽を抱く月【6話】見逃し配信無料動画とあらすじ!韓国ドラマ日本語字幕で視聴方法を調査

韓国ドラマ[太陽を抱く月]6話の動画

韓国ドラマ[太陽を抱く月]の動画を無料で視聴する方法

\6話動画はこちらから/[太陽を抱く月]動画を無料視聴

VOD 配信状況 言語
U-NEXT 全話見放題 日本語字幕
FODプレミアム 全話見放題 日本語字幕
dTV 全話見放題 日本語字幕
Gyao
Amazon
プライム
TSUTAYA TV 全話見放題 日本語字幕
Netflix 全話見放題 日本語字幕
Hulu
TELASA

 

  • 韓国ドラマ[太陽を抱く月]の動画を全話無料で視聴するなら、無料お試し期間が最も長いU-NEXTがオススメ
  • 31日間の無料お試し期間は無料で動画見放題!
  • U-NEXTは、韓国ドラマの配信数が多い!

\31日間無料お試しで動画見放題/U-NEXTの無料お試し

>U-NEXTの無料お試しの契約・解約方法はこちら<

韓国ドラマ[太陽を抱く月]6話のあらすじ

ヨヌが埋葬される直前、馬を走らせなんとか間に合ったヤンミョングンは、棺が埋められるのを見て愕然とします。

町を出る時は想像もつかなかった、変わり果てたヨヌの姿。

人々は悲しみに暮れるのでした。

その日の夜…

世子がヨヌの死を悲しんでいると、そこへヤンミョングンが現れます。

「あなたは王からも愛され、ヨヌも手に入れ、望む全てのものをこれまで手にしてきた。それなのにヨヌがここから追放された時も、生死の間を彷徨っていた時も、最期を迎え冷たい土の中に埋められた時も、何もしなかったではないですか。私にとってもヨヌは、最初で最後の(本気で好きになった)女でした。私なら命を懸けてでも愛する人を守ったはず」と涙ながらに打ち明けます。

ヨヌを本当に好きだった兄からの告白。

世子は自分が本当に無力で、ただ与えられてきたことを受け取るだけで、自分からは何もしなかったのだと深い後悔の念に襲われます。

大妃の部屋に招かれ、ねぎらいの言葉を受けたチャンは、しばらく国巫の仕事から退き、自然の中で心身を浄化させたいと申し出ます。

チャンには、ある考えがあったのです。

仮死状態で墓から掘り出されたヨヌ。

チャンは、大妃には内緒で本当は殺したりはせず、一時的に眠らせた後、ヨヌをまた別の所でかくまうつもりでした。

巫女として、名前も変え、ひっそりと生活することになったヨヌは、使用人だったソルと共にチャンの元で修業をします。

実は、目覚めた時に過去の記憶をなくしていたのです。

ヨヌは自分が誰で、どんな人生を送っていたのかがおぼろげではっきりと思い出せません。

チャンは、自分を神母と思ってこれからは巫女として生きていきなさいと言います。

一方で、ヨヌを失った家族は辛い毎日を過ごしていました。

王の命令で、父ヨンジュと兄ヨムは罪人となり、王宮から遠く離れた場所に追放されることに。

同じ頃、ヨヌも身を隠すために住み慣れた所を去ります。

ほどなくして、王宮ではユンの娘 ボギョンが、ヨヌが亡くなったことにより新たな世子嬪となります。

世子は、ヨヌをなくしてから、王宮で誰にも心を開かず暗い心のまま過ごしていました。

世子嬪がボギョンになったとしても、悔しさや怒り、諦め…どんな感情も沸かない人間になっていたのです。

婚礼の日、小雨が降り出します。

ヨヌは「小雨」という意味だと、昔二人で話していた頃のことが頭をよぎり、世子はあふれる涙を止めることができないでいました…。

やがて年月は過ぎ、世子は立派な王になります。

家臣が今まで働いていた不正を次々と見抜き、早くも王様としての手腕を発揮する世子。

しかし、お世継ぎを望まない態度がユンにはもどかしく、大妃と相談して世子をしばらく静養させようとします。

ですが、当然断られる始末…。

大妃は、素直に言うことを聞かない世子に「そんな態度が続くようなら私にも覚悟がある」と、怒りのあまり、食事を一切取らないと言い、引きこもってしまいます。

王妃ボギョンは、涙ながらに大妃に「全ては私の不徳の致すところです。お願いですからお食事をなさって下さい」と頭を下げます。

世子は、そんなボギョンの企みを最初から見抜いていて、「婚礼の時にも言ったが、後ろ盾が多く有利に事が運ぶと思ったら大間違いだ。お前とお前の身内の考えていることは分かっている。王妃になったところで、私の心だけは絶対に得ることができないと思え」と言います。

ボギョンは、世子にこれまで精一杯尽くして来たのにそんな言い方をされ、一方通行の愛情が報われない悔しさと怒りで震えます。

そんな中、久しぶりに王女ミナがボギョンを訪ね、旦那様と自分の近況を話し、帰っていきます。

ミナはなんと、ヨムと結婚していたのです。

ミナのおかげで、一時期は罪人扱いされていたヨンジェとその一家は滅亡せずに済みました。

ヤンミョングンは、度々ミナとヨムの家を訪れていましたが、過去に言い放ったあのひとこと以来、王に会いに行くことはなくなり、疎遠になっていました。

王は、兄に「愛する人を守れなかった」と言われたことでずっと自責の念にとらわれていて、毎晩のようにヨヌが自分に残してくれた言葉と共に夢を見て、うなされます。

護衛のウンは、そんな王の苦悩をいつもそばで見ていました。

そんな中、巫女チャンの元に、1通の手紙が届きます。

「時期が来た」と。

チャンはソル、巫女チャンシル、そしてヨヌを残し、いよいよ動き出します…。

韓国ドラマ[太陽を抱く月]6話の見どころ

ヨヌが亡くなり、人々が悲しみのどん底で打ちひしがれる中、それぞれの想いが交錯してとても辛いシーンが多いです。

特に異母兄 ヤンミョングンの、ヨヌに対する気持ちを知った世子は、二重、三重のショックを受けます。

自分の運命が、意志とは関係なく生まれた時からもう決まっていて、その中でしか生きられないとしたら…現代の日本では到底考えられないことですが、王様になることが決まっていたとしても、絶大な権力が持てることや何不自由ない生活の裏には、大変な重責、周囲からの圧力や謀反がいつ起きるか分からないことで、心が休まる暇がなかったのではないでしょうか。

今回、ヤンミョングンが世子に「私はあなたが持っている物を何ひとつ与えられていない。そんなに恵まれているのに、どうして一番大切な人をちゃんと守れなかった?」と責めるシーンがあります。

世子は何も言い返せず、それからずっと長い間自分を責め続けます。

ただ、世子は確かに愛する人を命をかけて守れなかったかもしれないけれど、将来王になる教育を受けて来た人間が、自分の望みをかなえるために周りを全部ひっくり返すことができるのかな?と思いました。

王にはなれないけれど、王族として好きな所に自由に旅することができるヤンミョングンを、世子はうらやましいと思っていたかもしれませんね。

韓国ドラマ[太陽を抱く月]の全話動画

1話から最終回までの全話見逃しはこちら

太陽を抱く月の全話動画を無料試聴方法や感想まとめ

 

\6話の動画はこちらから/[太陽を抱く月]動画を無料視聴

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です